M2M・IoT事例〜農作物管理〜

農作物管理

圃場にセンサーを設置し、温度、湿度や日射量、CO2、土壌の状況などの環境情報を収集したり、タブレットなどを活用し、日誌を作り生育状況を管理するなど、農業分野へのICT活用が注目されています。モバイル回線を使うことで、圃場からリアルタイムのデータ収集、可視化が可能になります。

データ容量 * 小〜(上り)
送信回数
おすすめのプラン ライトSS、3ギガ、6ギガプラン
  • * ビッグローブのSIMを挿入した機器からデータ送信(上り)・受信(下り)する容量の大きさの目安を示します。

電話でのお申し込みと相談

通話料無料法人コンタクトセンター0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

導入事例

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー
子供目線のシステムを店頭端末からクラウドへの通信環境で実現

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク
無駄のない運行で業務効率・コストが大幅に改善

株式会社サッポロライオン

株式会社サッポロライオン
通信費用を従来の40%程度削減。コスト面での確かな効果を実感

株式会社LEOC

株式会社LEOC
全国約1,800事業所の通信を3G化。従業員の作業工数を短縮

バンプレコーダー株式会社

バンプレコーダー株式会社
道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

株式会社トラスト

株式会社トラスト
建設現場、資材置き場など屋外の防犯対策、盗難防止にモバイル回線を活用

株式会社ホームステージング・ジャパン

株式会社ホームステージング・ジャパン
従業員へ音声通話SIMを導入。賢く使い分けて通信料金をコストダウン

新潟大学農学部

新潟大学農学部
西洋梨の基準木モニタリング、収穫時期等の情報を生産者に配信

その他の導入事例

このページのTOPへ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

M2M・IoTやMVNOのサービス詳細を専任の担当がご案内いたします。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時[通話料無料])