M2M・IoT事例
〜バンプレコーダー株式会社様〜

道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

全国の自治体において、道路インフラの管理コスト低減、老朽化問題への対応は防災、減災のためだけでなく住民サービスの一環としても重要な取り組みになっています。バンプレコーダー株式会社は道路インフラの保守管理のため路面性状解析サービス「BumpRecorder」を全国の自治体や道路インフラの管理会社に提供しています。ビッグローブは、道路の凸凹を計測するために、小型IoTデバイス「BL-01」とBIGLOBEモバイルの回線を提供し、バンプレコーダー株式会社の路面性状解析サービスを支えています。

従来の方法と課題

道路の凸凹の度合いを計測することを路面の性状性の計測と呼びます。これまで、平たん性などの路面の性状性を計測するためには路面性状測定車やプロフィロメータなどの特殊な計測装置を使う必要があり、コストや手間がかかっていました。そのため限定した箇所の測定しかできず、広域な調査や調査が長期に渡る経年変化の把握は不可能でした。

路面性状性測定車

路面性状性測定車

プロフィロメーター

プロフィロメーター

路面性状解析サービス「BumpRecorder」とは

路面性状解析サービス「BumpRecorder」とは

「BumpRecorder」は車のダッシュボード上などに置いた小型IoTデバイス「BL-01」あるいはスマートフォンの加速度センサーを用いて、路面性状性を計測、GPSデータと共にモバイル回線を用いてクラウドで収集することで、道路の平たん性、IRIなどの指標化、経年変化の把握など道路インフラの保守管理に活用いただけるサービスです。

「BumpRecorder」の特長

「BumpRecorder」の特長

「BumpRecorder」は、車のダッシュボード上などに計測用のアプリをインストールした小型IoTデバイス「BL-01」あるいはスマートフォンを設置し、道路を走行するだけで路面性状性を計測することができます。「BumpRecorder」のアプリは小型IoTデバイス「BL-01」やスマートフォンに内蔵されている加速度センサーを高頻度でサンプリングし、車の揺れを検出、独自のアルゴリズムにより道路の平たん性を導き出します。同時に内蔵のGPSセンサーで位置を測定、モバイル回線を用いて位置情報と紐づけたデータとしてクラウドに保存します。計測を行うための車は通常の乗用車などで問題ありません。そのため、自治体の公用車などに設置することで日常業務の中で自動的に計測ができ、広域な調査や、経年変化の把握が簡単にできることが特長です。計測したデータはいつでもPCのブラウザから地図情報と組み合わせて表示、分析を行えます。

小型IoTデバイス「BL-01」の活用

小型IoTデバイス「BL-01」はビッグローブが販売する3G通信機能を備えた小型Android IoTデバイスです。近年、スマートフォンは画面サイズの拡大にともない、大きく重くなったことで、車にしっかりと固定して設置することが難しくなってきました。また、計測のためのアプリの操作はドライバーへの負担となるなどの課題も見えてきました。そのため、バンプレコーダー株式会社では「BumpRecorder」アプリを小型IoTデバイス「BL-01」にインストールし、路面性状性を計測するための専用デバイスとして活用しています。

小型IoTデバイス「BL-01」を活用することで以下のような利点があります。

  • 小型軽量のため車内に設置が簡単
    小型IoTデバイス「BL-01」は高さ約41.0mm×幅約47.0mmと小型なため、設置の場所を選びません。
  • 専用機化することで、アプリの操作が不要
    アプリケーションを小型IoTデバイスBL-01起動時に自動的に起動したり、不要なアプリケーションを起動しない設定をすることができます。
  • 小型IoTデバイス「BL-01」の電源連動機能を使いエンジンをかけると、アプリの自動計測が開始
    小型IoTデバイス「BL-01」をUSBケーブル経由でシガープラグに接続しておくと、エンジンがかかり給電が開始された時に小型IoTデバイスBL-01を起動することができます。これにより、電源ONやアプリ起動などの操作も不要です(専用のファームウェアの対応が必要になります)。

「BumpRecorder」の活用事例

「BumpRecorder」と小型IoTデバイス「BL-01」は会津若松市ですでに20台導入されて、市の公用車や市内を走る公共バスに設置され、日々の路面性状性のデータ収集に活用されています。

代表取締役 八木 浩一 氏

代表取締役 八木 浩一 氏

バンプレコーダー株式会社 代表取締役 八木浩一様:これまでスマートフォンを使ってきましたが、画面の大型化に伴いサイズが大きくなり重くなってきたため、車両に固定するのが難しくなってきました。またスマートフォンを車両に搭載したまま常設するのはやはり抵抗がありました。その点BL-01は小型軽量で設置がしやすく重宝しています。また土日、連休明けにバッテリが空になってしまった場合、スマートフォンは手動で電源を入れる必要がありますが、BL-01は自動的に起動してくれるので、完全フルオートで運用でき、お客様から好評を得ています。

お客さまのプロフィール

社名 バンプレコーダー株式会社
URL http://www.
bumprecorder.com/
事業内容
  • 1.災害対応に関するシステムの研究及び開発並びにこれらの成果の提供及び販売
  • 2.社会インフラの維持管理に関するシステムの研究及び開発並びにこれらの成果の提供及び販売
  • 3.高度道路交通システムに関する研究及び開発並びにこれらの成果の提供及び販売
所在地 〒115-0045 東京都北区赤羽1-59-6 ワコー赤羽102
資本金 500万円

電話でのご相談

通話料無料法人コンタクトセンター0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

導入事例

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー子供目線のシステムを店頭端末からクラウドへの通信環境で実現

  • ルータ
株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク無駄のない運行で業務効率・コストが大幅に改善

  • M2M
  • 配送管理
株式会社サッポロライオン

株式会社サッポロライオン通信費用を従来の40%程度削減。コスト面での確かな効果を実感

  • タブレット
株式会社LEOC

株式会社LEOC全国約1,800事業所の通信を3G化。従業員の作業工数を短縮

  • 通信インフラ
バンプレコーダー株式会社

バンプレコーダー株式会社道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

  • M2M
  • インフラ維持
株式会社トラスト

株式会社トラスト建設現場、資材置き場等屋外の防犯対策、盗難防止にモバイル回線を活用

  • M2M
  • 防犯対策
株式会社ホームステージング・ジャパン

株式会社ホームステージング・ジャパン従業員へ音声通話SIMを導入。賢く使い分けて通信料金をコストダウン

  • 音声通話SIM
新潟大学農学部

新潟大学農学部西洋梨の基準木モニタリング、収穫時期等の情報を生産者に配信

  • M2M
  • 農作物管理
株式会社ナレッジフォーサイト

株式会社ナレッジフォーサイト倉庫やビルの地震検知に。計測データを安価で手軽にモニタリングするサービスを提供

  • M2M
  • モニタリング
株式会社ミナミテクノ

株式会社ミナミテクノスーパーや工場の電力量をリアルタイムで監視。さらに自動制御で電気代を大幅削減

  • M2M
  • 電力管理
株式会社ファインウッズ

株式会社ファインウッズ太陽光パネルの稼働状況をリモートで監視できるモジュールを低コストで提供

  • M2M
  • 電力管理
株式会社環境シミュレーション研究所

株式会社環境シミュレーション研究所海洋資源を守り、効率的な漁業を助けるシステムを提供

  • M2M
  • モニタリング
株式会社サーキットデザイン

株式会社サーキットデザイン遠隔地で動物の位置を把握し、鳥獣被害対策に貢献

  • M2M
  • モニタリング

その他の導入事例

このページのTOPへ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

M2M・IoTやMVNOのサービス詳細を専任の担当がご案内いたします。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時[通話料無料])