M2M・IoT事例
〜株式会社環境シミュレーション研究所様〜

海洋資源を守り、効率的な漁業を助けるシステムを提供

大海原を駆け巡り、経験と勘を頼りに魚を獲ってきた漁師たち。しかし近年、温暖化による漁獲高減と深刻な人材不足が問題になっています。これまで水産分野では情報通信技術(ICT)の活用が比較的遅れていました。環境シミュレーション研究所は、膨大な海洋データをうまく活用することで水産資源を守りながら、漁業の効率化を図るシステムを提供しています。

魚がたくさん獲れるのはどのようなところなのでしょうか。例えば「潮目」と呼ばれている温かい水と冷たい水の境目で獲れやすいと言われています。環境シミュレーション研究所は、漁船に3次元漁海況情報収集システムを取り付け、海水の塩分濃度や水温、海面高、海面色などの海洋データを収集。そのデータを元に分析した好漁場情報をリアルタイムで漁師に配信しています。さらにデータを解析することで、翌日以降の好漁場を予測し、漁業の効率化、および水産資源の保全に貢献しています。

衛星水温MAP

衛星水温MAP

漁場MAP

漁場MAP

魚のいる場所が分かる!? 漁場予測システム「大漁案内人」とは

例えば、毛ガニ漁の場合、カニ籠にリモート水温計を取り付け、水温をリモートSBT経由で船に送信します。カニ籠を引き上げた後、漁師は漁獲高を入力。さまざまな海洋データと漁獲高を漁船からBIGLOBEモバイル経由でクラウド上に送信し、そのデータを組み合わせてシミュレーションすることで、“今どこでカニが獲れるか”をリアルタイムで判断するための情報を届け、さらに予測も行っています。

漁業予測システムの仕組み

膨大なデータを分析した結果、水温が8℃以下にならないと毛ガニは獲れにくいことが判明しました。以前は、勘や経験を頼りにカニ漁をしていたため、現地に行ってみるとまったく獲れず、燃料をムダ使いしてしまうことも。特に東日本大震災発生後、潮流が変わったり、温暖化の影響でこれまでのように獲れなくなりました。
しかし「大漁案内人」を利用することで、毛ガニが獲れる確率が高くなり、燃料のムダ使いを抑え経費を削減することもできました。また、「大漁案内人」の情報は一定のグループ内で共有しているため、仲間の漁船が行っていない漁場へ行くこともできます。

導入の経緯

これまでは他社のSIMカードを利用していましたが、データを転送する速度が遅すぎてストレスを感じることも。しかしBIGLOBEモバイルを利用するようになってからは、データ転送が安定したうえ、管理者専用の画面でSIMカードの管理もしやすくなりました。海洋には、潮流や魚の位置など、解析したら役に立つ膨大なデータがあります。これから取得するデータ容量は増えていくと予測されるので、大容量のデータを安定的に送信できる回線は必要不可欠です。

株式会社環境シミュレーション研究所 取締役会長 伊藤 喜代志 様

伊藤 喜代志 氏

株式会社環境シミュレーション研究所 取締役会長 伊藤 喜代志 様:弊社は平成3年1月に水産海洋分野のICT化促進を目的に設立し、海洋版GISや海底地形図作成及び漁場予測システム、そして密漁監視システム等、独自のソフトウェア及びシステムを開発し、販売してきました。近年は、海洋環境のモニタリングシステムに注目し、超音波データ転送と携帯通信網を利用したGPSデータロガーによるリアルタイム3次元漁海況情報収集システムを開発し、多くの漁船や養殖場において活用していただいております。また、収集した膨大な海洋環境情報や魚探エコーグラム等の漁獲情報をデータベース化し、AI(人工知能)と組み合わせた高精度なリアルタイム漁海況情報の配信事業も進めております。

株式会社環境シミュレーション研究所 主任研究員 山口 晶大 様

山口 晶大 氏

株式会社環境シミュレーション研究所 主任研究員 山口 晶大 様:近年、海洋環境の変化や水産資源の減少により昔ほど漁業は儲からない業種となっております。弊社では以前より、漁海況情報から何処に漁場が形成されるのかを予測するシステムを開発しており、現在では携帯通信網を利用した漁船による漁海況情報モニタリングシステムも様々な船に搭載し活用いただいております。
上記のシステムを組み合わせ効率の良い漁業のサポートを目指すとともに、スマート漁業コミュニティを通じて、生産者と消費者・海と陸とを“つなぐ”システムの手助けが出来ればと考えております。

お客さまのプロフィール

社名 株式会社環境シミュレーション研究所 株式会社環境シミュレーション研究所
URL http://www.esl.co.jp/
事業内容
  • 海洋環境情報配信事業
  • GIS(地理情報システム)事業
  • デジタル海底地形図事業
  • AI(人工知能)海洋アプリケーション開発
所在地

〒350-1124 埼玉県川越市新宿町2-4-1 ノーブルビル2F
TEL.049-242-9262

電話でのご相談

通話料無料法人コンタクトセンター0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

導入事例

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー子供目線のシステムを店頭端末からクラウドへの通信環境で実現

  • ルータ
株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク無駄のない運行で業務効率・コストが大幅に改善

  • M2M
  • 配送管理
株式会社サッポロライオン

株式会社サッポロライオン通信費用を従来の40%程度削減。コスト面での確かな効果を実感

  • タブレット
株式会社LEOC

株式会社LEOC全国約1,800事業所の通信を3G化。従業員の作業工数を短縮

  • 通信インフラ
バンプレコーダー株式会社

バンプレコーダー株式会社道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

  • M2M
  • インフラ維持
株式会社トラスト

株式会社トラスト建設現場、資材置き場等屋外の防犯対策、盗難防止にモバイル回線を活用

  • M2M
  • 防犯対策
株式会社ホームステージング・ジャパン

株式会社ホームステージング・ジャパン従業員へ音声通話SIMを導入。賢く使い分けて通信料金をコストダウン

  • 音声通話SIM
新潟大学農学部

新潟大学農学部西洋梨の基準木モニタリング、収穫時期等の情報を生産者に配信

  • M2M
  • 農作物管理
株式会社ナレッジフォーサイト

株式会社ナレッジフォーサイト倉庫やビルの地震検知に。計測データを安価で手軽にモニタリングするサービスを提供

  • M2M
  • モニタリング
株式会社ミナミテクノ

株式会社ミナミテクノスーパーや工場の電力量をリアルタイムで監視。さらに自動制御で電気代を大幅削減

  • M2M
  • 電力管理
株式会社ファインウッズ

株式会社ファインウッズ太陽光パネルの稼働状況をリモートで監視できるモジュールを低コストで提供

  • M2M
  • 電力管理
株式会社環境シミュレーション研究所

株式会社環境シミュレーション研究所海洋資源を守り、効率的な漁業を助けるシステムを提供

  • M2M
  • モニタリング
株式会社サーキットデザイン

株式会社サーキットデザイン遠隔地で動物の位置を把握し、鳥獣被害対策に貢献

  • M2M
  • モニタリング

その他の導入事例

このページのTOPへ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

M2M・IoTやMVNOのサービス詳細を専任の担当がご案内いたします。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時[通話料無料])