M2M・IoT事例
〜株式会社LEOC様〜

全国約1,800事業所の通信を3G化 迅速かつ正確な情報伝達が可能に全国約1,800事業所の通信を3G化 迅速かつ正確な情報伝達が可能に

全国に散在する約1,800の事業所を軸にフードサービス事業を展開するLEOC。同社では、迅速かつ正確な情報伝達を目的に通信インフラを刷新、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE 3G」を採用した。バラバラだった通信環境が整備され、全国の事業所で3G通信が可能になることで、事業所からの業績報告がタイムリーに行えるなど様々な効果が期待される。

導入の背景

管理本部 システム開発部 部長 御法川 義弘 氏

管理本部 システム開発部 部長
御法川 義弘 氏

「おいしく・楽しく・健康に」をテーマにした多彩なメニューで、人々のヘルシーライフをサポートするLEOC。同社が主力事業の一つとして展開しているのが、法人向けのフードサービスである。「お客さまの厨房施設にスタッフを派遣し、献立の作成や給食の調理などを行います」と同社管理本部 システム開発部 部長の御法川 義弘氏は説明する。顧客対象は病院・社会福祉施設・企業・学校など多岐にわたり、スタッフを置く事業所は全国で約1,800カ所にのぼる。

献立の作成や給食の調理は各事業所の責任者が現場の要望を踏まえて行うが、売り上げなどの業績に関する数値や、食材の棚卸しなど各事業所の運営状況は本社が逐次把握しておく必要がある。

管理本部 システム管理室 次長 島 隆至 氏

管理本部 システム管理室 次長
島 隆至 氏

しかし、従来は通信環境の問題から、報告の仕方が各事業所で統一されていなかったという。「当社の事業所は、基本的に委託を受けたお客さまの施設です。そのため、固定回線だとお客さまの許可をいただいたり、工事に立ち会っていただく必要があり、インターネット環境の整備が困難でした」と御法川氏は話す。その結果、回線が引き込めない拠点ではFAXや郵送に頼らざるを得ず、紙のデータを支社、さらには本社で集約し、それを管理システムに入力し直すといった二度手間、三度手間が発生していた。

「1800もの事業所から上がってくる膨大なデータは取りまとめるだけでも大変な労力がかかります。FAXや郵送による紙の報告書も相当数あったため、集計の漏れや入力ミスによる修正工数がかなりありました」と同社管理本部 システム管理室 次長の島 隆至氏は語る。

業務プロセスを効率化するには、情報をタイムリーかつ正確に伝達・収集する必要がある。その解決策として、同社は自社システムを構築し、業績データを送受信する方法を採用することにした。「事業所にはパートや高齢者の方も多く、パソコンの操作に不慣れなスタッフもいます。できるだけ現場の負担が少ないシンプルな方法が現実的と判断しました」(御法川氏)。そのために必要になったのが、バラバラだった通信環境の整備である。

通信環境の整備に向け、同社が採用したのが、高速モバイル通信サービス法人向け「BIGLOBE 3G」である。採用の決め手になったのが、カバーエリアの広さとコストメリットである。「BIGLOBE 3G」はNTTドコモが提供するFOMAに対応した高速モバイルサービス。「人口カバー率は100%*1で、全国を網羅しています。有線ネットワークの敷設が困難な施設や市街地から離れた山間部など、これまでインターネットの利用を諦めていたエリアでも安心して利用できます」と島氏は語る。

しかも、料金プランは午前2時から午後8時の時間限定で割安に使える「デイタイムプラン 月額料金:1,686円(税別)/月*2」と、24時間いつでも使える「スタンダードプラン 月額料金:2,638円(税別)/月*2」の二つのタイプから選択が可能だ。1,800もの事業所にサービスを展開するとなると、コスト負担も大きくなる。「その点、デイタイムプランなら業務時間内の利用形態にマッチし、安価で済むため、コストの最適化につながります」と御法川氏は述べる。

活用と効果

同社は「BIGLOBE 3G」の導入を2012年9月より開始。2013年4月までに1,200カ所の事業所に順次展開していき、その後、約1,800の全事業所に展開を拡大していくことも視野に入れている。環境が整った事業所では業績報告などのデータを週単位や月単位で、エリアを統括する支社にシステムで報告。各支社でデータを取りまとめ、本社に一括して送るスキームとなっている(図)。

「『BIGLOBE 3G』の導入により、各事業所のインターネット接続環境を標準化することができ、本社・事業所間の情報伝達がスムーズに行えるようになります」と島氏は評価する。また、これまで分類や集計にかかっていた工数も大幅に削減できると予想。「毎月の締めに際し、紙の報告書の内容チェックや管理システムへの再入力に1事業所あたり約1時間かかっていましたが、今後はその分の作業工数がほとんど不要となる予定です」と御法川氏はメリットを述べる。

LEOCにおける「BIGLOBE 3G」の活用イメージLEOCにおける「BIGLOBE 3G」の活用イメージ

各事業所の業績データを素早く確認できるため、経営判断の迅速化や精度向上も期待できる。食材の単価が適正かどうか、調理作業に無駄やロスがないかといったことをタイムリーに把握。これをもとに改善を提案していくことで、KPI(重要業績評価指標)が明確化され、経営基盤の強化につながるからだ。

業績報告以外にも情報伝達の幅が広がった。各事業所ではメール以外にもグループウェアやWeb会議、動画配信などに活用している。特に動画配信のメリットは大きい。「例えば、本社から事業所に調理・衛生指導を行う場合、口頭や文書の通達だけでなく、わかりやすい動画で配信できるので、現場スタッフの理解促進に役立っています」と島氏は語る。通信速度も下り最大で14Mbps*3あり、動画もスムーズに視聴できるという。

今後の展開

今後は「BIGLOBE 3G」の導入展開を加速していくとともに、動画配信の有効活用を促進。各事業所に広がるインターネット接続環境を最大限に活用することで、同社は全国展開するフードサービス事業のさらなる成長を目指す構えだ。

  • *1 市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基にNTTドコモが算出したものです。山間部などご利用いただけないエリアがあります。
  • *2 別途、毎月ユニバーサルサービス料がかかります。また、BIGLOBEオフィスサービス、料金制選択コース(新規受付終了)をご契約されていない場合は、BIGLOBEオフィスサービス(有料)のお申し込みが必要です。
  • *3 モバイルルータ端末「RS-CV0C」を使用の場合、下り最大7.2Mbps。お客さまのご利用機器、電波の状態、回線の混雑状況などにより通信速度が低下します。

お客さまのプロフィール

社名 株式会社LEOC株式会社LEOC
URL http://www.leoc-j.com/
事業内容 社員食堂・学生食堂、病院、社会福祉施設などのフードサービス事業を展開。300種類に及ぶ基本メニューを軸に「おいしく・楽しく・健康的に」をテーマに多彩なアレンジメニューを開発。多角的な取り組みでヘルシーライフをサポートする。プロチーム・大学寮・スポーツ団体を対象に、アスリート食の提供事業にも積極的に取り組む。
所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル16F
資本金 5,000万円
設立 1983年4月1日
  • * 記載内容は2013年3月28日現在のものです。

電話でのご相談

通話料無料法人コンタクトセンター0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

導入事例

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー子供目線のシステムを店頭端末からクラウドへの通信環境で実現

  • ルータ
株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク無駄のない運行で業務効率・コストが大幅に改善

  • M2M
  • 配送管理
株式会社サッポロライオン

株式会社サッポロライオン通信費用を従来の40%程度削減。コスト面での確かな効果を実感

  • タブレット
株式会社LEOC

株式会社LEOC全国約1,800事業所の通信を3G化。従業員の作業工数を短縮

  • 通信インフラ
バンプレコーダー株式会社

バンプレコーダー株式会社道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

  • M2M
  • インフラ維持
株式会社トラスト

株式会社トラスト建設現場、資材置き場等屋外の防犯対策、盗難防止にモバイル回線を活用

  • M2M
  • 防犯対策
株式会社ホームステージング・ジャパン

株式会社ホームステージング・ジャパン従業員へ音声通話SIMを導入。賢く使い分けて通信料金をコストダウン

  • 音声通話SIM
新潟大学農学部

新潟大学農学部西洋梨の基準木モニタリング、収穫時期等の情報を生産者に配信

  • M2M
  • 農作物管理
株式会社ナレッジフォーサイト

株式会社ナレッジフォーサイト倉庫やビルの地震検知に。計測データを安価で手軽にモニタリングするサービスを提供

  • M2M
  • モニタリング
株式会社ミナミテクノ

株式会社ミナミテクノスーパーや工場の電力量をリアルタイムで監視。さらに自動制御で電気代を大幅削減

  • M2M
  • 電力管理
株式会社ファインウッズ

株式会社ファインウッズ太陽光パネルの稼働状況をリモートで監視できるモジュールを低コストで提供

  • M2M
  • 電力管理
株式会社環境シミュレーション研究所

株式会社環境シミュレーション研究所海洋資源を守り、効率的な漁業を助けるシステムを提供

  • M2M
  • モニタリング
株式会社サーキットデザイン

株式会社サーキットデザイン遠隔地で動物の位置を把握し、鳥獣被害対策に貢献

  • M2M
  • モニタリング

その他の導入事例

このページのTOPへ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

M2M・IoTやMVNOのサービス詳細を専任の担当がご案内いたします。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時[通話料無料])