M2M・IoT事例
〜株式会社メジャーサービスジャパン様/
株式会社聖亘トランスネットワーク様〜

本社からの配送指示をタブレットで受信 ムダのない運行管理で業務効率が格段にアップ本社からの配送指示をタブレットで受信 ムダのない運行管理で業務効率が格段にアップ

紙製品類を中心とする日用雑貨の配送業務で成長を続けてきたメジャーサービスジャパンは、課題であるコスト改善を図るため新たな配車支援・運行管理システムを導入。それは、聖亘トランスネットワークが運送業界でいち早く開発した、アンドロイド端末を利用するITシステム「トランスサポーター ウィズ エスティ・ナビ」(以下ST-Navi)。このシステムでBIGLOBE LTE・3Gがどのように活用されているかご紹介します。

導入の背景

―― まず「ST-Navi」がどのようなシステムか教えてください

株式会社聖亘トランスネットワーク 代表取締役 山田 裕 氏

株式会社聖亘トランスネットワーク
代表取締役 山田 裕 氏

聖亘トランスネットワーク 山田社長:クラウドサーバーを介して、配車管理部がある運送会社の中枢、ドライバー、荷主さまの三者間をつなぎ、配送業務の効率化を実現するITシステムです。SIMカードを挿したアンドロイド端末(タブレットを推奨)をトラックに車載し、位置情報や作業状況を本社と荷主さまがリアルタイムに取得。また自動算出された最適な配送ルートを本社から指示し、ドライバーはその連絡をいつ、どこにいても*受信できます。

―― ST-NaviにBIGLOBE LTE・3Gを導入した理由は?

山田社長:アンドロイド端末を用いるST-Naviの開発で最大のネックとなったのがデータ通信費です。大手キャリアの回線を使うとランニングコストが高くなるので、何とかお客さまに低料金でサービスを提供したいと思っていたところ、BIGLOBEさんの通信プランを知りました。BIGLOBE LTE・3GはNTTドコモ回線が使われていて品質の心配はなかったので、コストを最重視して安価な3ギガプランを契約しました。

―― メジャーサービスジャパン様がST-Naviを導入したいきさつは?

株式会社メジャーサービスジャパン 代表取締役社長 丸山 雄司 氏

株式会社メジャーサービスジャパン
代表取締役社長 丸山 雄司 氏

メジャーサービスジャパン(以下MSJ)丸山社長:今年4月にMSJの経営を受け継いだ際、もう一度経営をやり直すつもりで社内の改善点を洗い出しました。その中で課題として挙がったのが、ドライバーの資質は評価されているもののサービス料金が他社より高いこと。実は以前勤めていた会社でもST-Naviが導入されていて効果を実感していたので、コスト改善のためさっそく導入を決定しました。

―― 以前から実感していたというST-Naviの長所とは?

MSJ 丸山社長:運送業者でもある聖亘さんが、ドライバーや配車マンら現場にとって必要かつ便利な機能をカバーした「現場が作ったシステム」であること。このようなタブレットを使ってドライバーとタイムリーにコミュニケーションできるシステムは、まだこの業界では他にないのです。

  • * 山間部などご利用いただけないエリアがあります。

活用と効果

―― ST-Naviの導入によって業務効率やコストはどれぐらい改善されましたか?

株式会社メジャーサービスジャパン 取締役副社長 井上 俊彦 氏

株式会社メジャーサービスジャパン
取締役副社長 井上 俊彦 氏

MSJ 井上副社長:配車ルートの最適化によって走行距離を約11%短縮でき、それに伴って消費燃料を約11.7%削減、またドライバーの就業時間も約16.8%短くなりました。その結果、ドライバー1人当たりの1日トータルコストを大幅に改善できました。

山田社長:運行管理やコストの改善について難しく考えられがちですが、一番の基本は配送現場がスムーズに機能することであり、なおかつ現場の状態が経営者へ的確に報告され把握されること。それらが蓄積されていけばコスト改善策を練ることも難しくはありません。それを必然的に実現できるのがST-Naviです。

―― BIGLOBE LTE・3Gを利用したデータ通信の使い勝手は?

MSJ 井上副社長:主に首都圏で配送していますが、NTTドコモ回線を使用しているので、どのエリアでも通信に支障はありません*。またST-Naviの通信はテキストデータのみなので、3ギガプランの容量スペックで十分です。

  • * 山間部などご利用いただけないエリアがあります。

活用と効果活用と効果

今後の展開

―― 今後、ST-Navi やBIGLOBE LTE・3Gをどのように活用していきますか?

MSJ 丸山社長:ドライバーが快適に運転するためのコミュニケーションツールとしてタブレットの特性を今以上に活用しながら、収集される配送履歴をビッグデータ化して独自のナビゲーションシステムを作りたいですね。さらに今後は、荷主さまや配送先の情報を動画で記録しデータベース化するなど、熟練ドライバーの知識を汎用的に活用できるシステムも検討しています。この構想を実現する場合はBIGLOBE LTE・3G 3ギガプランからの変更が必要でしょうね。

お客さまのプロフィール

社名 株式会社聖亘トランスネットワーク株式会社聖亘トランスネットワーク
URL http://www.seikou-trans.net
事業内容 長年の運送業務で培ったノウハウを元に、運行管理支援サービス「トランスサポーター ST-Navi」などのシステムソフトウェアを開発・販売。自社の運送業務でもST-Naviを活用している。
所在地 〒254-0002 神奈川県平塚市横内3774番地
資本金 1,800万円
従業員数 30名
社名 株式会社メジャーサービスジャパン株式会社メジャーサービスジャパン
URL http://www.msj-msj.co.jp
事業内容 東京・神奈川・千葉・埼玉に営業所拠点を設け、紙製品を中心とした総合物流サービスを展開。エリアドミナント(地域密着)展開による「首都圏エリア共配ネットワーク」の構築も推進。
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木5-16-5-601
資本金 2,200万円
従業員数 210名
  • * 記載内容は2014年10月10日現在のものです。

電話でのお申し込みと相談

通話料無料法人コンタクトセンター0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

導入事例

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー
子供目線のシステムを店頭端末からクラウドへの通信環境で実現

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク

株式会社メジャーサービスジャパン/株式会社聖亘トランスネットワーク
無駄のない運行で業務効率・コストが大幅に改善

株式会社サッポロライオン

株式会社サッポロライオン
通信費用を従来の40%程度削減。コスト面での確かな効果を実感

株式会社LEOC

株式会社LEOC
全国約1,800事業所の通信を3G化。従業員の作業工数を短縮

バンプレコーダー株式会社

バンプレコーダー株式会社
道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

株式会社トラスト

株式会社トラスト
建設現場、資材置き場など屋外の防犯対策、盗難防止にモバイル回線を活用

株式会社ホームステージング・ジャパン

株式会社ホームステージング・ジャパン
従業員へ音声通話SIMを導入。賢く使い分けて通信料金をコストダウン

新潟大学農学部

新潟大学農学部
西洋梨の基準木モニタリング、収穫時期等の情報を生産者に配信

株式会社ナレッジフォーサイト

株式会社ナレッジフォーサイト
倉庫やビルの地震検知に。計測データを安価で手軽にモニタリングするサービスを提供

その他の導入事例

このページのTOPへ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

M2M・IoTやMVNOのサービス詳細を専任の担当がご案内いたします。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時[通話料無料])