BL-02の利用シーン
センサ情報収集(センサーゲートウェイ)

センサのデータをクラウドで収集、可視化し、データを活用するIoTサービスがさまざまな産業分野ではじまっています。
BL-02はこのような用途でのゲートウェイに最適です。これらのIoTサービスは用途によって必要なセンサが多種多様で、インターフェースやプロトコルもさまざま。収集したデータをクラウドに送信するにはプロトコル変換やセンサ制御が必要なため、M2Mルータでは実現が困難でした。BL-02はAndroid OS搭載でアプリケーション開発が容易。開発したアプリケーションを介して、センサ独自のプロトコルで収集したデータをクラウドに送信できます。センサ感度やデータを取得するタイミングの変更、データの保存や加工、通信間隔の調整や必要なデータのみをクラウドに送信するといった制御もでき、効率的な運用ができます。

センサ情報収集(センサーゲートウェイ)の利用シーン

必要な機能

  • Android
  • Reboot

利用が見込まれる業種・現場

  • 農作物の環境管理に

    農作物の環境管理に

    ビニルハウス内の温度、湿度、日光などのデータをセンサで計測し、得たデータをもとに人の判断や手作業に頼らず水やりの量やタイミングの調整に活かせます。

  • 養殖場の水質管理に

    養殖場の水質管理に

    水温や塩分濃度などのデータをセンサで計測することで、勘と経験に頼らず放流や種付けをはじめとする作業のタイミングを決めることができます。

  • 倉庫の湿度や温度の管理に

    倉庫の湿度や温度の管理に

    倉庫内で温度や湿度、振動などのデータをセンサで計測することで荷物の管理に役立てます。地震発生時に遠隔地でも倉庫内がどのくらい揺れたか計測できたり、保管温度に気を配る必要がある荷物の管理に役立てたりすることができます。

お問い合わせやお見積もりは
お気軽に

IoTデバイスに関するお問い合わせをこちらで承っております。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

通話料無料法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

Webでお問い合わせ

お問い合わせフォーム