車両運行管理・テレマティクスの車に「さすだけ運行管理」 車両運行管理・テレマティクスの車に「さすだけ運行管理」

車両に挿すだけで運行管理ができるテレマティクス
ドライバーの安全意識自ずと向上

法令遵守を求められる中、営業車両などの社用車のドライバーが交通事故を起こしたことによる企業ダメージは金銭的なものだけにとどまりません。事故削減に向けてドライバーの意識向上のために何ができるかが管理者に問われています。「さすだけ運行管理」は車両に専用デバイスを挿すだけで、ドライバーの運転状況が一目でわかるテレマティクスサービスです。ドライバーの運転傾向が把握できるため、ドライバーはより安全な運転をこころがけ、事故削減や交通違反の抑止、保険料の削減につながります。また効率的な燃費走行を促すことや、営業日報も自動作成するなど、車両を総合的に管理することができます。

専用の管理画面でドライバーの運行状況を把握

テレマティクス 車に「さすだけ運行管理」では、専用デバイスから送信される運行情報を管理画面で見ることができます。日々の運行状況から交通事故リスクの高い運転者や場所を把握し、適切な指導を行うことで交通事故のリスクを回避することが可能です。

  • 車両運行管理・テレマティクスの「さすだけ運行管理」の仕組み 車両運行管理・テレマティクスの「さすだけ運行管理」の仕組み
  • 運転成績表

    事故多発者であっても、全員が同じ理由で事故を起こしているわけではありません。「さすだけ運行管理」は、専用デバイスで取得した運行管理情報から点数だけではなく、ドライバーごとの運転特性を分析し属性診断ができます。属性に応じてそのドライバーに合った効率的な運転指導が可能です。

    運転成績表 運転成績表
  • リスク非常に高い

    荒々しいオオカミ

    運転が荒々しく事故のリスクが高いだけでなく、その運転を見た第三者からの企業イメージ悪化にもつながる可能性があります。運転技術自体は低くありませんがコンプライアンス意識に欠けるため、事故が起きた際の被害が大きくなる可能性が高いです。コンプライアンス、リスクマネンジメントの研修が必要です。

  • 要注意

    ずる賢いチーター

    運転技術は高く、スムーズな運転ができます。しかしコンプライアンス違反などが多く、万が一の事故が発生した際に、大事故につながる恐れが高い要注意ドライバーです。

  • リスク高い

    臆病なヒツジ

    コンプライアンスは守るものの、運転技術が未熟で頻繁に急ブレーキを踏んだり、効率の悪い運転をします。駐車場などでの自損事故も多い傾向に。ドライビングカレッジに通わせるなどの指導をおすすめします。

  • リスク低い

    温和なシカ

    目指すべき運転成績。コンプライアンス違反もなく、滑らかな運転ができています。指導は必要ありません。「シカを目指す」といった共通用語を社内に作り、安全運転に対する風土形成に役立ちます。

ヒヤリハットマップ

ヒヤリハットマップ

急ブレーキや速度超過など、危険運転が発生した位置情報をすべて記録します。記録した危険運転情報は管理画面のマップ上で確認でき、「危険ポイント」を把握し、運行ルートを見直すことで交通事故を削減します。また、「危険ポイント」を週次や月次の会議で共有することで、社員全員で安全運転に触れる機会を定期的に設けることができます。

車両稼働実績

車両稼働実績

1カ月あたりの車両の稼働状況を、所属や駐車場単位で一覧化することができます。車両ごとの稼働率を目安に余剰車両の精査や、拠点間の車両移動など適正化が容易になり、コスト削減につながります。また、土日祝など休日の不正利用のチェックにも活用できます。

ドライバー所在マップ

ドライバー所在マップ

専用デバイスを設置している社用車が、今どこを走行しているかがマップ上で確認できます。ユーザからの問い合わせに対して、このマップを確認することで、ユーザの近くを走行している車両を向かわせることができます。災害時や事故発生時のBCP対策(事業継続対策)としても有効で、従業員の所在を把握する際に役立ちます。

  • ヒヤリハットマップ

    ヒヤリハットマップ

    急ブレーキや速度超過など、危険運転が発生した位置情報をすべて記録します。記録した危険運転情報は管理画面のマップ上で確認でき、「危険ポイント」を把握し、運行ルートを見直すことで交通事故を削減します。また、「危険ポイント」を週次や月次の会議で共有することで、社員全員で安全運転に触れる機会を定期的に設けることができます。

  • 車両稼働実績

    車両稼働実績

    1カ月あたりの車両の稼働状況を、所属や駐車場単位で一覧化することができます。車両ごとの稼働率を目安に余剰車両の精査や、拠点間の車両移動など適正化が容易になり、コスト削減につながります。また、土日祝など休日の不正利用のチェックにも活用できます。

  • ドライバー所在マップ

    ドライバー所在マップ

    専用デバイスを設置している社用車が、今どこを走行しているかがマップ上で確認できます。ユーザからの問い合わせに対して、このマップを確認することで、ユーザの近くを走行している車両を向かわせることができます。災害時や事故発生時のBCP対策(事業継続対策)としても有効で、従業員の所在を把握する際に役立ちます。

ドライブレコーダーやデジタルタコグラフより
安価に車両管理・テレマティクスを実現

位置管理ができるドライブレコーダーやデジタルタコグラフより導入コストもランニングコストも安価です。「さすだけ運行管理」は工事費もかかりません。

  • 初期費用(税別)

    月額費用(税別)

    搭載の目的

  • さすだけ運行管理

    さすだけ運行管理

    初期費用(税別)

    35,000円/台
    +工事費ゼロ

    月額費用(税別)

    1,500円/台

    搭載の目的

    事故を未然に防ぐ

    • ・危険なドライバーの把握
    • ・運転アドバイスによる技術向上と事故の防止
  • ドライブレコーダー

    ドライブレコーダー

    初期費用(税別)

    高い +工事費

    月額費用(税別)

    やや安い

    搭載の目的

    事故発生後の検証映像

    • ・事故発生時の証拠映像
    • ・ヒヤリハット運転の検証による再発防止対策
  • デジタルタコグラフ

    デジタルタコグラフ

    初期費用(税別)

    高い +工事費

    月額費用(税別)

    やや安い

    搭載の目的

    法律による装着義務

    • ・車両総重量7トン以上又は最大積載量4トン以上の車両への装着義務
  • * モバイル回線は、BIGLOBEモバイル タイプD(ドコモ回線) 3ギガプランのデータSIM(SMSオプションなし)をお届けします。
  • * メーカー保証期間は、端末を受け取った日から6カ月間です。詳細は、端末の保証内容にてご確認ください。

導入は簡単、車両のOBDコネクタに挿すだけ

OBDコネクタに挿す

車両のOBDコネクタに挿すだけで利用を開始できます。手間のかかる取り付け業者手配や、車両の稼動を止めて設置工事をする必要がありません。リース満了時や車両買い替えの際の撤去工事も不要です。

また何かの要因で「さすだけ運行管理」が外れてしまった際に、あらかじめ指定したメールアドレスに自動的にメールが送信され、データが取得できない期間を最小限にします。
 

OBDコネクタの場所

OBDコネクタは2002年以降の国産ガソリン車に共通の形状されているコネクタです。車種やメーカーによって搭載場所が異なりますが、概ね以下の場所に搭載されています。

OBDコネクタの場所

車種によってフタ・パネルカバーなどで覆われている場合があります。⑥、⑦はカーペットを剥がさないと確認できない場合があります。代表的な国産車の場合、TOYOTA…②、HONDA…④、日産…①もしくは③の場所に搭載されています。

  • * 日産のノート、マーチなどの一部車種においては、OBDコネクタがカバーで覆われている場合があります。カバーを取り外すのに、専用工事が必要な車両も存在します。

導入は簡単、車両の
OBDコネクタに挿すだけ

OBDコネクタに挿す

車両のOBDコネクタに挿すだけで利用を開始できます。手間のかかる取り付け業者手配や、車両の稼動を止めて設置工事をする必要がありません。リース満了時や車両買い替えの際の撤去工事も不要です。

また何かの要因で「さすだけ運行管理」が外れてしまった際に、あらかじめ指定したメールアドレスに自動的にメールが送信され、データが取得できない期間を最小限にします。

OBDコネクタの場所

OBDコネクタは2002年以降の国産ガソリン車に共通の形状されているコネクタです。車種やメーカーによって搭載場所が異なりますが、概ね以下の場所に搭載されています。

OBDコネクタの場所

車種によってフタ・パネルカバーなどで覆われている場合があります。⑥、⑦はカーペットを剥がさないと確認できない場合があります。代表的な国産車の場合、TOYOTA…②、HONDA…④、日産…①もしくは③の場所に搭載されています。

  • * 日産のノート、マーチなどの一部車種においては、OBDコネクタがカバーで覆われている場合があります。カバーを取り外すのに、専用工事が必要な車両も存在します。

ドライバーの運転日報も自動作成
PDF出力もできるから取りまとめも楽

車両・ドライバーの運行日報を自動で作成します。運行日報の自動化で、手書きの日報が必要なくなり、ドライバーや管理者の手間が省けます。また運行軌跡を分析することで、効率的な営業ができているかを確認できます。

運行日報

導入メリットはさまざま
まずは無料のお試し利用を
おすすめします

導入メリット

このページのTOPへ

お問い合わせやお見積もりは
お気軽に

IoTデバイスに関するお問い合わせをこちらで承っております。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

通話料無料法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

Webでお問い合わせ

お問い合わせフォーム