M2M・IoT事例
〜システムデザイン開発株式会社様〜

北海道発のスマート農業サービスで、
農地管理や担い手育成など農家の課題を解決

北海道に本社を置くシステムデザイン開発株式会社は、IoTを活用して農業の「見える化」や後継者育成をするためのクラウド型スマート農業サービス「nexag(ネクサグ)」を提供。システムデザイン開発は30年以上、企業の基幹システムを中心としたソフトウェア開発、運用保守を事業の柱としてきました。「nexag」の提供も農家に通い、種まきや収穫の現場を手伝いながら、4年をかけて細かいニーズに応えるサービスを構築しました。その通信回線としてBIGLOBEモバイルの低速100MBプランを採用しています。

畑に設置されたセンシング機器。低重心でトラクタの邪魔にならない

畑に設置されたセンシング機器。
低重心でトラクタの邪魔にならない

導入が容易で使い勝手も好評。農家の要望から生まれたサービス

nexag」は露地栽培に特化した農業管理システムでセンシングと分析、営農日誌がセットになっています。畑に設置するセンシング機器は温度や湿度、肥料濃度を計測し、BIGLOBEモバイルの回線を経由してクラウドサーバに送信します。利用者はデータをパソコンやスマホでいつでも確認できます。電源は太陽光発電と内部電池により24時間365日稼働できるため、設置場所を選ばず工事も不要。また1km四方単位のピンポイント天気予報も入手可能で、農作業の効率化に一役買っています。オプションで定点カメラも設置でき、遠隔監視や防犯にも役立ちます。営農日誌があることで後継者へのノウハウ継承にも活用できます。

センサで取得した情報、作付情報、出荷情報、防除履歴、日報情報をひとつの画面で確認することができる

センサで取得した情報、作付情報、出荷情報、防除履歴、日報情報をひとつの画面で確認することができる

インターネットやテレビの天気予報では知ることができないピンポイントの天気がわかる

インターネットやテレビの天気予報では知ることができないピンポイントの天気がわかる

未来の農業のために。スマート農業の拡大を目指していく

nexag」が生まれた背景には農家が抱える厳しい現実がありました。北海道は国内耕地面積の1/4を有する農業大国ですが、農家戸数の減少、担い手の高齢化が進んでいます。一方で1農家あたりの耕地面積は増加傾向にあります。
「離農した畑を農家が借りた場合、地続きになっているとは限りません。離れた畑を遠隔地で監視、管理できるメリットは大きい」と語るのはシステムデザイン開発の責任者の中田氏です。20キロ離れた畑にトラクタで出かけたのに雨が降っていたら、その時間もガソリン代も無駄になってしまいます。変わらぬ人数で広大かつ離散した畑を耕作していくには、その土地の降雨量、土壌の状態、ピンポイント天気をあらかじめ確認したい。そういったニーズに「nexag」が役立っています。
農作物のロスを減らすことも課題です。たとえば大根は急激な温度変化で「す」が入ってしまうと出荷ができません。霜にあたっても品質が落ちてしまいます。ピンポイントな温度変化を農家の携帯電話宛にメールではなく自動音声電話で伝える仕組みを導入し、農作物のロスを大幅に減らすことに成功しました。またオプションで導入できる定点カメラの画像が、収穫時期を決める上で役立っています。
スマート農業サービスはまだ発展途上で、市場拡大のためにビッグデータの活用した効率化が求められています。システムデザイン開発では、導入してくれた農家や大学と連携し、AIの活用やコンサル事業、海外展開を目指していく予定です。

定点カメラがサーバに定期的に送る画像からわかる大根の成長具合

導入の経緯

農家は家族経営や小規模経営が多いため、導入してもらうためには手間がかからないこと、低コストなことが重要です。そのため低価格のMVNO回線を前提に比較検討しました。送信データはセンシング情報と定点カメラからの静止画像のみでデータ量が小さいため、定額で低価格なBIGLOBEモバイル回線低速100MBプランの採用を決めました。導入前に無料お試しで検証を行えたので、安心して導入することができました。

システムデザイン開発株式会社 取締役 部長 中田 吾郎様

中田 吾郎 氏

システムデザイン開発株式会社 取締役 部長 中田 吾郎 様:弊社では現在、農業以外のさまざまなIoTのサービスを考えています。IoTのサービスを行う上で通信は最も考慮しなければならない点であり、そこに発生するコストは極力抑えるべきなので今回のnexagで使用したBIGLOBEモバイル回線を他のサービスにも継続して利用する予定です。

お客さまのプロフィール

社名 システムデザイン開発株式会社
URL http://www.sddgrp.co.jp/
事業内容 ソフトウェア開発、クラウドサービス提供等
所在地 〒060-0061 札幌市中央区南1条西10丁目1番2 SDDビル
問い合わせ先 Eメール:sddinfo@sddgrp.co.jp
TEL:011-281-6770 FAX:011-281-6779

関連事例

関連サービス

M2M・IoT向けモバイル通信

法人向けBIGLOBEモバイル回線はM2M・IoT利用に適したグローバルIPアドレス。低速100MBの低容量から上り高速300GBの大容量まで、豊富なプランからお選びいただけ、オプションでモバイル回線用固定IPアドレスをご利用いただけます。通信量の確認やプラン変更はBIGLOBEオフィスサービスの管理者画面で簡単にできます。

電話でのご相談

通話料無料法人コンタクトセンター0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時)

資料ダウンロード

M2M・IoT専用
お問い合わせフォーム

導入事例

株式会社タカラトミー

株式会社タカラトミー子供目線のシステムを店頭端末からクラウドへの通信環境で実現

株式会社聖亘トランスネットワーク

株式会社聖亘トランスネットワーク無駄のない運行で業務効率・コストが大幅に改善

株式会社サッポロライオン

株式会社サッポロライオン通信費用を従来の40%程度削減。コスト面での確かな効果を実感

株式会社LEOC

株式会社LEOC全国約1,800事業所の通信を3G化。従業員の作業工数を短縮

バンプレコーダー株式会社

バンプレコーダー株式会社道路インフラの維持・管理をM2Mで解決

株式会社トラスト

株式会社トラスト建設現場、資材置き場等屋外の防犯対策、盗難防止にモバイル回線を活用

株式会社ホームステージング・ジャパン

株式会社ホームステージング・ジャパン従業員へ音声通話SIMを導入。賢く使い分けて通信料金をコストダウン

新潟大学農学部

新潟大学農学部西洋梨の基準木モニタリング、収穫時期等の情報を生産者に配信

株式会社ナレッジフォーサイト

株式会社ナレッジフォーサイト倉庫やビルの地震検知に。計測データを安価で手軽にモニタリングするサービスを提供

株式会社ミナミテクノ

株式会社ミナミテクノスーパーや工場の電力量をリアルタイムで監視。さらに自動制御で電気代を大幅削減

株式会社ファインウッズ

株式会社ファインウッズ太陽光パネルの稼働状況をリモートで監視できるモジュールを低コストで提供

株式会社環境シミュレーション研究所

株式会社環境シミュレーション研究所海洋資源を守り、効率的な漁業を助けるシステムを提供

株式会社サーキットデザイン

株式会社サーキットデザイン遠隔地で動物の位置を把握し、鳥獣被害対策に貢献

みなとタクシーグループ

みなとタクシーグループタクシー無線のデジタル化規制を好機に、配車の仕組みを半自動化

株式会社日本環境認証機構

株式会社日本環境認証機構出張先の安定した通信環境の確保と通信費削減のために格安SIMに乗り換え。通信費が約3分の1に

名鉄百貨店本店

名鉄百貨店本店中国で急速に拡大するQRコード決済の導入でインバウンド売上が拡大

株式会社Sassor

株式会社Sassor機器ごとに電力を“見える化”し、
省エネだけではなく運用改善にも貢献

ジェイアール東日本企画

ジェイアール東日本企画JR新潟エリアの新型電車E129系で
「トレインチャンネル新潟」が放映開始し、
BIGLOBEモバイルで放映内容を遠隔管理

株式会社ハイパーネット

株式会社ハイパーネット高齢者の生活リズムを遠隔地で見守る生活支援サービス

医療法人HSR 名嘉村クリニック

医療法人HSR 名嘉村クリニック病院になるべく戻らず在宅ケアに時間をかけたい。効率化の鍵は移動時のインターネット回線だった

株式会社日陸

株式会社日陸革新的なチャレンジで物流を牽引してきた日陸が、今ITで取り組む業務改革

株式会社大泉建設

株式会社大泉建設工事現場や道路の遠隔監視カメラにBIGLOBEモバイル回線を採用し、低コストと高い汎用性を実現

シャープオフィスレンタル株式会社

シャープオフィスレンタル
株式会社
工事現場のさしせまった課題である効率化をデジタルの力で実現する

第二電力株式会社

第二電力株式会社屋根借り太陽光発電の仕組みにBIGLOBEモバイルを採用し、都市型再生エネルギー化に取り組む

システムデザイン開発株式会社

システムデザイン開発株式会社北海道発のスマート農業サービスで、農地管理や担い手育成など農家の課題を解決

その他の導入事例

このページのTOPへ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

M2M・IoTやMVNOのサービス詳細を専任の担当がご案内いたします。まずはお問い合わせください。

お電話でお問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-26-5644
(平日9時〜12時、13時〜17時[通話料無料])